読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

やばい部分に熱狂する

人のヤバいところを見つけるのが昔から大好きだった。いつからか、わからないが。例えば怒ってる人を見るのが好きだった。悪趣味だ。

 

みんな心にヒダヒダがあって、十人十色のヒダヒダ模様。あのひと、こういうところがヤバいなあって。ヒダヒダを観察して、熱狂していた。

 

大学は経営学を学んだが、どちらかというと心理学。人間(組織)の非合理的な決断を後押しする偏見にフォーカスしていた。悪趣味だ。

 

プライオリティが一般社会のものと大きく乖離していることを狂ってると呼ぶわけでありますが、一般社会なんてものは、それこそ千差万別。あっちの国の常識が、こっちでは非常識なんてことがあるわけです。

 

そしてそれが、「障害」を規定し、「狂気」を規定する。

 

ヤバいものを見つけよう。こちらから、あちらを見たら、次は、あちらから、こちらも見よう。それが礼儀ってもんです。