読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

探求者として

博多でのコンサートが終わり、実家に帰ってきました。当日は、テクニカルアドバイザー的なポジションを担わせていただきました。やることは、やったぜ。

 

音楽のことになると、「今持てる全てを使って、やるしかない」と気合が入ります。特に歌は、自分の身体がすべてですから。心をみなぎらせ、自分を放っていく感覚。

 

今回のコンサートも、当日は周りをほぐしていくことに重きを置きました。

 

自己肯定感がパフォーマンスを高め、また高いパフォーマンスを維持してくれます。

 

そして終わったことは振り返らない。演奏中に何かが起こっても、戻ることはできない。ピュアな水に濁ったものが入ってしまったら、もう取り除くことはできない。ピュアなものを自ら注ぎ続けていくしかない。

 

そしてつまるところ、パフォーマンスを評価するのは他者であり、時代であるから。

自分はいいと思うことをやるだけ。自分がいいと思うものを学び、常に探求者として歩き続けるほかない。

 

まだまだ歌は続けていくよ。ひとまず自分にお疲れさま。