読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

幼馴染と再会

私は3歳くらいのときに今の家に両親と引っ越してきました。同じ頃、同じ団地に同い年の男の子も引っ越してきました。トシです。

記憶にある限り、人生最初の幼馴染です。結婚披露宴にも行かせてもらいました。

 

彼は過酷な人生を過ごしてきたんですが、独特のたゆみを持っていて、いつも強くたくましく、受け入れながら生きてきました。(前述の披露宴では、親族を含むすべての出席者の中で私が一番泣いてました)

 

今日たまたまトシに会い、飲みに行く約束をしました。ほんの数分の会話でしたが、暖かい居心地を感じました。彼に今まで一度も抱いたことのない感情。

実家に帰ってきて初めて、両親以外の心許せそうな人が現れました。

 

飾らなくていい間柄。ありがたや。