読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

被害と加害

家に帰ると父は、通っているデイケア施設にいる困った利用者の話をする。ほぼ毎日する。

 

話しかけても無視するだとか、机の上にゴミを置くだとか、ずっとくだらない話を続けるだとか、トイレに入っていたら開けてくるだとか、そんなこんなで気にくわない人の話をする。

今日はいよいよ辛抱ならず、怒鳴り散らしてやったと得意げに語っていた。

 

被害と加害は、誰がいつ切り取るかによって異なってくる。

 

誰も、被害をうけたという認識を否定することはできない。

そしてもう一つ全ての加害は正当防衛たりえるだろうか。私の答えは、Noである。加害の中には、なんの論理も持ち合わせてないものがある。論理つまりコミュニケーションを要求しない、ただの暴力が存在する。

 

これはいかなる時も、許されてはいけない。