読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

書くこと

私にとって、何かを文字にする行動や試みは、それとの適切な距離を保つための手段だとわかった。

昔からそうだったと、今気づいた。誰にも分かられなくても、自分の書きおこした思考の過程が何ものにも代えがたい宝物だった。

 

結果思うように書くことができなくても、それが私と対峙する時間が価値を持っているように感じていた。

これからも、それを大切にしたい。