読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

頭の中で、再会した。

たったいま、急にだった。眠くはない。目も開けている。少し遅いお昼ご飯を食べ終えたところだった。いきなりこんな映像が頭に飛び込んできた。

 

百貨店のどこかのフロア。少し古い、新宿駅の京浜百貨店?天井が低くて、ちょっと人が多い。

 

エスカレーターで上がって、どこかのフロアに着いた。進んでいこうとすると、向こうから人が来る。

 

東京で働いていた時の会社の社長だ。

 

この人とこじれて、私は会社を辞めた。他にも色々重なって、うつになった。最後まで分かり合えなかった。

 

私は大きく息を吐き、背筋を伸ばした。

 

相手はこちらに気づいているだろうか、無視するだろうか。この間、2秒。まだ目が合わない。しかし、まっすぐこちらに向かって来る。

 

敢えて脇によけず、少し深く会釈をした。

もうわからない。なぜか、私は声に出した。

 

「お久しぶりです」

 

相手は気づいた。

 

「おー!ひさしぶり!元気!?」

 

笑っている。そう、この人は無邪気で明るい。そして別のシーンでは、憑物がついたようにキレる。

 

「いえ、いま無職で。その節はご迷惑おかけしてすいませんでした」

 

あまり申し訳ないとは思ってないけど、この場を終えるために、それ以外に言うことはなかった。なぜ声をかけたのか。恐らく、対等に会話したかったのだ。なぜ、「いえ」と否定したかったのかも、言葉を発して0.1秒後には、そんな自分を分かってあげられる。

 

「そうか!じゃ、頑張ってね」

 

どこまでいっても寂しい人だった。でもこれで別れを告げられたような気がした。

 

良い再会だった。

 

脳が汗をかいたのか、とても眠い。ちょっと寝よう。