読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

みなぎっていたときの記憶

大学時代、サークルの代表をやっていた。チームプレイが大切な活動をやっており、その責任者をやっていた。

 

周りは私を信頼して、右!と言ったら右を見てくれた。最初は半信半疑だった人も、ひとまず従ってみるかと分かり合いながら進めていった。

 

次第に、無根拠の確信が掴める瞬間を大事にするようにしていた。確信のない、惰性的な時間の流れに敏感になるようになった。今をしっかり感じていた。

1つの発言にも無言にも、1つの挙動にも不動にも、深い意志や強い肯定感がみなぎっていた。

 

自分の内なる声が囁いていたら耳を傾けていた。囁いているけど、何を言ったいるかわからないときも、焦らず囁いている事実を尊重した。

なるほど。私の根っこはここにあったのか。