読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

正しいことを言う人

昔、職場の先輩と話していたとき。先輩の家族の話になった。家庭関係がうまくいってないそうで、私が何か思ったことを言った。すると先輩が「おいおい、正しいこと言うなよ」

普段、私に色々と厳しく指導してくれていた先輩が、珍しくそんなことを言った。

 

正しいことを言う人が怖いとか。

あいつ正論ばかりで嫌いだ、とか。

怒るのは正論だからだという指摘とか。

それぞれの正義が衝突するから戦争が、とか。

正しさの取り巻くところに人のモヤモヤがある。

 

正しいことを全然言わない人がいる。(というと、私が正しさを持ち合わせているような言い回しだけど。)

アウトサイダーと呼ばれる人がいる。犯罪者、個性派俳優、世界的経営者、歴史的偉人、世界記録保持者。(アウトサイダーと呼んでる時点で、呼んでるその人自身はアウトサイドでもインサイドでもない、安全なところにいるのだけれど。)

 

誰になんと言われても、自分が正しいと思うところにいたい。要するにそういうことだ。