読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

「私には選択肢がある」という安心感

趣味で歌をやっておりまして、ボイストレーニングもやっております。「より美しく、より伸びやかに、より力強く、より繊細に」と、もっともっと!を目指してトレーニングするわけです。そして西洋から伝わる、歴史淘汰の波を乗り越えた効率的・機能的・持続…

『なぜあの人は平気であなたを傷つけるのか』(春日武彦/著)を読んだ

端的に言って、驚異的な文章。内容はもちろん、こんなすごい文章を書く人を発見できただけでも嬉しい。 昨年出版。これを書かれた時、65歳。知的で大きな器。カラッとしたテンポで湿度の高い言葉を選び、それがどこか素っ気ないのに配慮があって、あっという…

メタファーの持つ魔力

モノマネが持つ不快感というのがある。モノマネされたことがあるなら、わかると思う。そのモノマネ芸がウケないと、本物がスベったような感覚がある。 いやそれ以上に、自分の預かり知らぬところで自分が評価されているような。自分の印象なんて、もはや他人…

焦りは、誰にでもある。

社会復帰をするなら、こういうことから始めてみよう。というブログを読んで、この48時間くらい分かりやすく焦っていた。体感では4日間くらい悩んでいたくらい長く感じる。 たぶん、ぶらっとタウンワークを読んで、まあまあかなり入りたい会社が見つかったの…

切腹!それは産みの苦しみ。

忘年会の宴会芸とか、司会の練習で原稿を読み上げたやつを自分で録画して、自分で見て反省する行為ね。切腹って呼んでたの。 ゴールデンウィークのコンサートに向けて、司会原稿を1人で録音してます。切腹じゃ。昔から余興には余念がないのだけど、やっぱ滑…

復讐したいんじゃないの。認められたいの。

残酷な描写のあるゲームは、残酷な犯罪を助長するのでやめるべきだという言説があります。 幼い女の子と恋愛をするゲームが、児童ポルノを助長しているという言説があります。 犯罪心理のことは詳しくないですが、わたしは今日は雨で頭が痛くて、寝込んでス…

何を名乗るか。

自己紹介が昔から苦手だった。自分を規定したり、切り取って分かりやすくすることが苦手だった。自分をどう切り取るかは、相手を何者だと思っているか?という問いの答えを反映しているのだと思う。相手を規定することも、そこから逆算して自分を切り取るこ…

今そう思うから、それでいい。

自分の周りの人には、居心地よさを感じていてほしいのです。自分の自己効力感を大切にして、生きていってほしいのです。 そんなもん声高に言わなくたって生きていける人ばかりではないから。私は、自分が何者なのかを自分で見つけたい。自分の在りたい姿に自…

父のお薬を買いに。

先々週と先週は、実家と九州を行ったり来たり。先々週は、週が明けてもしんどかったけど、先週から今週にかけては回復はやいぞ。 出発前に、帰省したらやることを決めてイメージしてたから、なだらかにフェードチェンジできたと思う。 今日は、月に一度のお…

コミュ力信仰。

4年くらい一緒に音楽をやっている友人と歩いていると、夜19時くらい。道すがらのアイリッシュパブのオープンテラスで、即興でアコーディオンとギターをかき鳴らしているオジサンたちがいた。お店が呼んだわけではなく、本当に「ちょっとやらしてね」とい…

探求者として

博多でのコンサートが終わり、実家に帰ってきました。当日は、テクニカルアドバイザー的なポジションを担わせていただきました。やることは、やったぜ。 音楽のことになると、「今持てる全てを使って、やるしかない」と気合が入ります。特に歌は、自分の身体…

最悪の想定をするのは、なんのためか。

演奏会が差し迫ってきた。明日は福岡で本番。 イベント中に地震が起きたら?演奏中に、お客様や出演者が体調不良で倒れたら?イベントの成功を祈るからこそ、開催中のトラブルを想定し対策を練る。 日本にゴジラがやってきたらどうする?あれの対策は?これ…

大切なものと、距離をとってみる。

大事だと思っていたものも、気がつくと自分を縛っていることがある。縛り上げられてもなお、自分にとって大事なものだってある。その気持ちは、よくわかる。 例えば、 先日テレビでやっていたが、妊産婦の10%はうつになるのだそうだ。昔よりも社会のつながり…

レゴを使ったコミュニケーションの話

‪昔、レゴを使ったコミュニケーションのワークショップに参加したことがあるのを思い出した。言いたいことをレゴで組み立てて、組み上がったものを指差しながら説明するというもの。面白かったので書いておこ。 レゴが発散的なコミュニケーションに優れてい…

できること、やりたいこと

晩御飯の材料を買って帰宅すると、父がYouTubeで大好きなマーカスミラーの動画を見ていた。父は6年前、57歳で脳梗塞になり、深いところだったので手術ができず右半身に後遺症が残った。 それ以前は、自営業をしながら日曜ミュージシャンをやっていた。プロの…

ぼんやり、うかうか。そして再帰性。

実家に帰ってきて3日目。積んだ本にも手を付けず、やるべきことも少し放置。まだ怒られまい(笑) と思って過ごしてたので、今日はそろそろやろうかなとおもう。なにもやらない時間が必要だったのだ。ぼんやりうかうか。すごく天気が良くて気持ちいい。午前…

よく泣く子

よく泣く子だったらしい。 昨日ドラえもんの映画のCMを見て、「ドラえもんって泣けるよねー」とつぶやいたら、おかんが。 「あんた昔からアニメ見ながら、よく泣く子やったよねー。悪者にならざるを得なかった悲しい悪者が、人目につかないところで死んで行…

ゴミ屋敷を取り上げるテレビについて思うこと

今やってるテレビ。本当に許せない気持ちになった。 ゴミだらけの家に住んでいる人の多くは、精神疾患者や、家族との死別など自分の人生に大きな喪失感をもっていると解説した上で、スタジオで正論を投げかけ、噛み合わない議論を放送する。という一連の番組…

旅を終えて

福岡への旅を終え、夜行バスに乗り込み、今朝帰宅。 疲れが取れず、お昼に目を覚ましました。 今までぐっすりだった夜行バスも、4〜5回目が覚めた。お酒も飲んだのになあ。 再会や、新しい出会いがあり、とても嬉しかった反面とても疲れたのかしら。 色々な…

南阿蘇の緑。

「こんなときくらい、気の利いた言葉が出てくればいいのに。」なんて思うことがある。"それ"を語る言葉を私は持っていない。きっとそれは、私が"それ"の新しい部分と出会いつづけているから。だから"それ"は終わってないのかもしれない。言葉の方から現れて…

人を諦めたくない。

人を諦めないことに固執したから、僕は鬱になったんだと思っていた。 でも本当にそうだろうか。僕は人を諦めなかったんじゃなくて、ただ相手に期待してたんじゃないだろうか。 他人を諦めない。でも期待もしない。同じように自分を諦めない。でも期待もしな…

境目をつかう人になる

肩こりがひどくて。昨日テレビで「痛みは脳に痛みを感じやすい回路が出来上がってしまっているので、脳をだませばよい」らしく、「脳に報酬を与えれば和らぐ。例えば、好きな人の写真を見るとかでよい」と言っていた。 それを見て、「そんなカンタンなことで…

花見。

してきた。

助けること、助けを求めること(追記有)

仕事をやめて辛かったときに私の心を支えてくれた、あるブログ記事を紹介したいです。このブログを読んでくださっている方は、私と同じように心の疲れ、病いを抱えている方や、自分の大切な人のために情報を集めている人など、色々な人がいると思います。そ…

一度自分から離れてみる作法

5月にコンサートをやるのですが、5月のほうは、コンサートの司会進行をやることにしました。なぜならスタッフを雇う経費を削減したかったから・・・笑 もともと、人前で話をするのは好きな方でした。決して上手くはないのだけどね。 でも、人と話すこと自…

「後悔しない人生を歩みたい」について

「死ぬ直前に、もっとチャレンジすればよかったと後悔する人が多い」という話を見たことがある。「なので、チャレンジして生きましょう」という主張だった気がする。 「今の人生」に対する納得感と、「今までの人生」に対する納得感の混同が怖いなって話だと…

何が悪いのかを考えず、良い未来を考えると。

今日は、いろいろなことをやった。ずがががー!っと。あまり集中が続かないのだけど、山を越えた。 なにをやってたかというと、趣味でやってる音楽活動のこと。4月と5月にコンサートがあって、それの雑務。 東京で働いてた時、仕事を辞める前からコンサート…

どえらい眠い

どえらい、というのは地元の方言でvery muchという意味です。なんでか分からんけど、今日はどえらい眠い。昨日1時に寝て、今日7時に起きたからやな。 今朝もウオーキングしたかったんやけど、なんか雨降りそうな天気でヤメにして、ポケーッとしてた。 用事が…

土曜の朝は

家に作業療法士の方がきて、父のリハビリをしてくれる。だから9:30には部屋を片付けないといけない。 積んだ本や服を、せっせと仕舞う。 毎週人が家に来ると、強制的に部屋が片付く。 すごい。 おかげで土日は清々しく過ごせる。 土曜の朝に、人を家にあげら…

映画『ムーンライト』を見た感想

ララランドと間違えられた(笑)、ムーンライトを見てきた。信頼する友人に勧められたのだ。そそのかされるのは、昔から嫌いじゃないのよ。 特にネタバレをするつもりはないのだけど、他人がどういう感想を持ったかが、見る人と作品との関係に影響を与えること…

自己対話のすすめ

バカバカしいと思っていた。 鏡に向かって前向きな言葉をかける 椅子をかつての職場の苦手だった人と、自分の位置関係に配置して、それぞれの立場を演じてみる やろうと思った瞬間に、どこか恥ずかしい感じになってしまう。 ある種の想像からくる創作なので…

使い込まれたボウルの話。

実家に帰ってきてから、毎晩、家族に夕食を作っている。母親は仕事で帰りが遅いので、帰る時間に合わせて19時から料理を始める。 ある日、母がすごく早く帰ってきた。疲れたので早退したらしい。明日の朝、早く行くらしいけど。 早く帰ってきたものの手持ち…

何もしないをやってみる

読んだ。理由なき幸福感に出会いましょうというのが、この本の命題。 今の自分ではない何者かになろうとし続けることは、永遠に満足できないことの裏返しなので止めて、何もない状態に幸福を感じることができれば最強。 という論理の展開だったと思う。 あま…

ネガティブな感情との付き合い方

過去にも同じようなタイトルをつけたような気がする。 昔からネガティブな感情が苦手で、認めがたいものだった。大学を出るまでは、あまり周りに私の価値観に反するネガティブパーソンと接することがなかったのだろう。 中学一年の春、母親に「あんたが人の…

電車苦手

ある特定の場所に移動するのに、可能なかぎり公共交通機関を使わずにいきたい。 時間を決められて、移動させられていく感覚が拭えない。図書館まで11キロくらいあるが、自転車で1時間くらい掛けて行っている。少し遠回りするのも楽しい。 ゴールデンウィーク…

演じることの有効性

図書館で読んだ本から雑感。 演劇コミュニケーション学 作者: 蓮行,平田オリザ 出版社/メーカー: 日本文教出版 発売日: 2016/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 療養してすぐの頃、演劇かもしくは、身体表現みたいなものがやりたいなーと思っ…

肩こり、コリコリ。

半月くらい、朝のランニングをサボってます。夜遅くまで読書してるからなー。 朝は8:30に親に起こされます。ふふふ。 先週から肩こりが酷く、ストレッチすると一時的には良くなるのだけど、治らない。肩こりで頭痛がひどい。寒いと特に、ですね。 ランニング…

書くこと

私にとって、何かを文字にする行動や試みは、それとの適切な距離を保つための手段だとわかった。 昔からそうだったと、今気づいた。誰にも分かられなくても、自分の書きおこした思考の過程が何ものにも代えがたい宝物だった。 結果思うように書くことができ…

大切な人の一言に傷ついた記憶

もちろん本人には簡単には言えないのだけど、大切な人からの良かれと思っての言動に傷ついたことがある。 大切なあの人の言動に傷ついてはいけない、と強く思っていた。 しかし、度々思い出された。大切な人だからだ。 逆に、相手は自分の言動に簡単には傷つ…

つらい記憶と対峙する、脳内小旅行

気がつくとカウンセリングや心理に関する本を、もう20冊くらい読んでいた!遅読マンだったのに、斜め読みが得意になった。少し嬉しい。「まだ出会ってないにもかかわらず、"こういう内容を読みたい"というイメージがクリアな状態」という不思議な、矛盾し…

頭の中で、再会した。

たったいま、急にだった。眠くはない。目も開けている。少し遅いお昼ご飯を食べ終えたところだった。いきなりこんな映像が頭に飛び込んできた。 百貨店のどこかのフロア。少し古い、新宿駅の京浜百貨店?天井が低くて、ちょっと人が多い。 エスカレーターで…

みなぎっていたときの記憶

大学時代、サークルの代表をやっていた。チームプレイが大切な活動をやっており、その責任者をやっていた。 周りは私を信頼して、右!と言ったら右を見てくれた。最初は半信半疑だった人も、ひとまず従ってみるかと分かり合いながら進めていった。 次第に、…

周りがみんな敵に見えるとき。

うつになる直前、周りの人をすごく低く見ていた。今でも、そんな自分が出てくるときがあります。 それは「自分が正しくありたい」かつ「正しい自分を認めさせたい」という気持ちの表れでした。 人の良いところを見つけるより悪いところを見つけたり、憐れむ…

絶対折れない心の根っこを作ろうとする脆さ

先日、ある本で「エンプティチェア」という自分の心と対話するワークを知った。トラウマティックなシーンを緩やかに再現して、自分の中にある自分と対話したり、苦手なあの人の立場になってみたり。それを、いかに上手く演じるのではなく、スーッとダイブし…

掴めない気持ちを無視せず慌てず見つめる練習

仕事に行かなくなって最初の1ヶ月、通っていたクリニックの話。そのクリニックでカウンセリングしてもらったとき、ドクターは私に言った。 「あなたは自分の気持ちを、かなり明確に言語化することができる。なので、自分の感情に気づいた上で、その感情を瞬…

父と風呂に入った

父は要介護で、平日はデイで風呂に入っている。土日は、日曜の夜だけ家の風呂に入る。リフォームした手すり付きの風呂に入る。 今までは母がずっとやってたのだ。小さい体ですごいと思う。私が実家に帰ってきてからは、基本的にずっと私がやってる。 父は威…

やる気神話。

前々から考えていたことなのだけど、改めて文章して整理したかったこと。「やるき、モチベーション」の話。今朝、茂木健一郎さんがそれについてブログを更新していたので、私も自身の思考に絡めて、丁寧に書いてみる。 モチベーションと心の病 「やる気にあ…

天職と自由研究。

図書館で本を2冊読んだ。それを返したら未読は残り3冊になる予定だったのに、7冊借りて帰ってきた。これはいかに。 苦しんでどん底まで行ったのだ。命以外に失うものは無い。好きなことを仕事にするのもいいだろう。天職と巡り会いたいと思った。 ここでいう…

職を探してみた。

午後からハローワークへ行き、前回不備のあった資料を提出した。失業給付の申請が終わり、ちょっと見てみるかと冷やかし程度の興味本位で求人情報を閲覧した。 やり始めると、それなり"ちゃんと"考え始めてしまうので思考というのは恐ろしい。 エリアや、雇…

正しいことを言う人

昔、職場の先輩と話していたとき。先輩の家族の話になった。家庭関係がうまくいってないそうで、私が何か思ったことを言った。すると先輩が「おいおい、正しいこと言うなよ」 普段、私に色々と厳しく指導してくれていた先輩が、珍しくそんなことを言った。 …