読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根が深い。

ネアカとネクラな世界を行き来する陰陽師。

過剰な一般化、論理の飛躍、学習性無気力、結論の保留、カウンセリングの有用性

しくじると、全てのことが苦手に見えて、次のトライが怖くなる。過去の事象、全てのものに当てはまるような気がしてくる。 鬱になり、過剰な一般思考が捗る。「ここでダメなら、他でもダメ」、「そういうの、社会人の常識よ?」、「どこにでも、そういう奴っ…

単語は最後、読み手によって発見され、言葉になる

昔から話が小難しいといわれる。振り返ると、熟語が多いのだ。 大きく育った→成熟した しっかり考えた→熟考を重ねられた よそものを嫌う→排他的 こっちのほうが曖昧でなく、わかりやすいと心から思っている。 が、社会人になってから、話していることの意味…

一つずつ試す

今日も今日とて日雇いアルバイト。なんと6:30集合である。辺境地での作業らしく、ドナドナされていく。 交通費はでないアルバイトなのだが、自宅の近くでピックアップしてもらえるらしい。ありがたい。 さて、今日はそのピックアップのおかげで初対面の方と…

今日のグッときた

グッときた 以上。

日雇いバイトってこんなかんじ?

いろんな会社があるんで、全てこういうものなのかわからないけど、前日の午後イチとかにキャンセルされたりするんですね。もちろんそれが分かった上で利用してるんで大丈夫なんだけど。 仕事の出来具合や、キャンセルの時の対応、一つ一つ信頼関係の積み重ね…

やばい部分に熱狂する

人のヤバいところを見つけるのが昔から大好きだった。いつからか、わからないが。例えば怒ってる人を見るのが好きだった。悪趣味だ。 みんな心にヒダヒダがあって、十人十色のヒダヒダ模様。あのひと、こういうところがヤバいなあって。ヒダヒダを観察して、…

お金を稼ぐ

ふと、自分は自分の仕事の価値に対してお金をもらっていると実感した経験が、ほとんど無いことに気づいた。大学時代も、アルバイトの経験がほとんどなかった。その頃は、自立したいという欲求も必要性も感じていなかった。サラリーマン時代は、金より好奇心…

失意からの回復を祈りつつ緊張の階段をのぼる

私が失職したばかりのころ、映画に行ったり本を読んだりブログを見たり、色々なものをインプットした。目的は特に意識していなかった。 強い想いや表現に圧倒されたかったのかもしれない。自分の感受性の鐘を鳴らしたかったのかもしれない。ぼんやりと、海み…

読みたい本から自分の求めているものを知る

図書館へ行ってきた。 昔から話が抽象的だと指摘を受けることが多かった。好きな本も概念に関わるものばかりだった。けど、今日は珍しくエッセイや、日記集のようなものを読んだ。 うつ病の人の発症から、治療、回復、再発。そして現状を記したもの。 精神病…

吐き出していく

誰からも共感を得られなくても、書いて吐き出さないといけないことがいくつかある。 ファミレスのように、いつだって均しいクオリティを提供しないといけないわけではない。書きたいことをブサブサと書いていこうとおもう。その自然な有り様を大切にする。

自己愛と自己嫌悪は似ている

「立つ瀬をもたらす」という点で、自己愛と自己嫌悪は似ている。自傷行為も、暴力行為も、気晴らしとなる全てが近い性質を持つだろう。 同じところをぐるぐるしながら、自己愛や自己嫌悪に色を変えていく。あまり遠心力が強すぎると、人は立っていられなくな…

とつとつと

とつとつと、という日本語の意味はよく知らないが、音が気持ちいい。漢字で書くと、訥々と、である。恐らく死ぬまで実用しない言葉。 今朝は、相当に気持ちの悪い文章を書いてしまった。私生活の中に沸いた小さな不安を切り取ったり、自分の気持ちの醜悪な瞬…

私小説「国道30号線」

私を山奥まで運ぶこの女は、いまどんな気持ちなのだろう。月曜、朝の国道は、予想どおり混んでいる。 私は月末の上京に想いを馳せながら、高速バスの価格を調べている。よし、まだ売り切れてない。今日のバイト代で買える予定。 このバイト先は、母が私に紹…

就職活動スタート。

先日、ある本を読んで、自己愛とは、人生の幸福を構成する重要な要素だとわかった。自己愛には、いろいろな形がある。多くは他者を巻き込む。その巻き込み方が、その人の住む社会において認められるものであるかどうかが、障害の有無を規定するのだとおもう…

自己愛を飼いならす

今朝の一冊。この前、初めて読んだ文章に痺れてしまった春日武彦さんの著書。 自己愛について、自己肯定、思い上がり、独りよがりなど派生した感情と整理しながら、 ゴミ屋敷の主人、美容整形癖、拒食症、タトゥー、自作自演、盗作行為、芸名、徒歩暴走族、…

4ヶ月ぶりに働いた話

今日、久しぶりに働いた。といっても親の職場の雑務の手伝いだけど。給料は出るらしい。 何時から何時まで、給料いくらか、何も知らされないままユルユルで「明日、ちょっと作業手伝ってほしいねん」と。 まあ暇だしと思って、ゆきました。この辺のハードル…

傷ついた話、それと対峙する。

図書館から借りてる本の期限が昨日切れてた。そりゃそうだ。この2週間、演奏会のことで本なんか読んだら暇なかったもんね。 そんなことをボソッと言ったら、57歳になったばかりの父が何度も「いつ図書館にいくの?」と聞いてくるので、へーへー行きますよと…

父の誕生日

昨日は父の誕生日だった。 57歳。50歳の年に脳梗塞で倒れたのだ。 だから7年目。 僕が22歳になる年に倒れたのだ。 社会人になったばかりの時に、県外へ引っ越して。 死ぬまでに親とどのくらいの時間を過ごせるか計算したことがあって、俺の場合は、年に3回1…

被害と加害

家に帰ると父は、通っているデイケア施設にいる困った利用者の話をする。ほぼ毎日する。 話しかけても無視するだとか、机の上にゴミを置くだとか、ずっとくだらない話を続けるだとか、トイレに入っていたら開けてくるだとか、そんなこんなで気にくわない人の…

一つだけ決めてたルール

しばらく前まで書きたくて書きたくて仕方なかったんだとおもう。いま、そうでもない。ここ2週間くらい。 それでも書いていこう。言いたいことは何もないけど、流れ出るものくらいあるだろう。それが字になるか、実験だ。 コンサートが終わって打ち上げの席だ…

後片付け

コンサートの後片付けです。 お金のことや、 各所へのお礼 至らぬことも多々ありつつ、 なんとか終わりを迎えました そして次が楽しみになる! 素敵な仲間と良い時間を過ごせました。 これが終わったら、就職活動を始めます。 根拠はないけど、前向きだよ。

最高の賛辞

コンサートがおわりました。 昨晩、実家に戻り、一日オフ。身体が動かないくらい疲れてた。 本番は、まあ最高でした。控えめに言って、最&高でした。 あなたがいてくれてよかった。という最高の賛辞をいただき、これに勝るもの無し。 これで私の音楽旅行は…

本番当日

今日の衣装。 ソワソワ、腹の下あたりから喉元に向かってソワソワ。した感覚がゆっくり、何度も往来する朝。 いい感じだ!

終わりは始まり

大切な仲間と自分がいいと思える音楽を求めて、対峙し続けたゴールデンウィーク。お金とか、肝臓機能とか、著しくダメージを受けているけど、明日おわります。寂しいような、清々しいような、早く緊張から解放されたい どのくらい自分を生きることができるだ…

飲んで歌って

本番に向けて、朝から夜までリハーサル。 今日は、オフにした。大切な人に会って、素晴らしい演奏を聴いて、満たされた。 2日前から飲んで歌って、睡眠時間が3-4時間なので今日はもう寝る。 コンサート開催については、想像を絶するトラブルが幾つか起こって…

いざ!

福岡についた。早速忘れ物に気づいたけど致命的ではなかった!セーフ! 昨日はなかなか寝付けず、ちょっと風邪っぽかったので、もうこの世の終わりかというくらい心配して、今日もなぜか朝は二度寝して、ギリギリ新幹線に飛び乗った。 焦ると、わけもなく声…

まだ言えないこと

本番前だから、関係各位に伝えるには早すぎる言葉があって、でもいまの私の率直な気持ちとして書き留めておきたい。尊い感情。 ‪今回の公演は、関係各位、多くの人に負担を招き、本当にみんなの満足いくものになるのか、今でも不安です。でも、お客さんは間…

まもなく本番

ここ数日は、借りた本もろくに読まず、今週末に迫るコンサートの準備をしてました。 トラブルを考え始めると無限に不安になるから、そんなときは落ち着いてお茶を飲む。コンサートプロジェクトメンバーに相談する。よしよし、落ち着いてきたね。仲間に救われ…

実家に帰った日のこと。

大学時代、一番お世話になった先輩が帰省されるそうで、今から焼肉! 昨日は、ふと、東京から実家に帰ってきた日のことを思い出した。思い出したといっても、はっきりした記憶があまりないのだけど。 なんか、その前日、職場から出るときに「もう二度とここ…

『なぜあの人は平気であなたを傷つけるのか』(春日武彦/著)を読んだ

端的に言って、驚異的な文章。内容はもちろん、こんなすごい文章を書く人を発見できただけでも嬉しい。 昨年出版。これを書かれた時、65歳。知的で大きな器。カラッとしたテンポで湿度の高い言葉を選び、それがどこか素っ気ないのに配慮があって、あっという…

メタファーの持つ魔力

モノマネが持つ不快感というのがある。モノマネされたことがあるなら、わかると思う。そのモノマネ芸がウケないと、本物がスベったような感覚がある。 いやそれ以上に、自分の預かり知らぬところで自分が評価されているような。自分の印象なんて、もはや他人…

焦りは、誰にでもある。

社会復帰をするなら、こういうことから始めてみよう。というブログを読んで、この48時間くらい分かりやすく焦っていた。体感では4日間くらい悩んでいたくらい長く感じる。 たぶん、ぶらっとタウンワークを読んで、まあまあかなり入りたい会社が見つかったの…

切腹!それは産みの苦しみ。

忘年会の宴会芸とか、司会の練習で原稿を読み上げたやつを自分で録画して、自分で見て反省する行為ね。切腹って呼んでたの。 ゴールデンウィークのコンサートに向けて、司会原稿を1人で録音してます。切腹じゃ。昔から余興には余念がないのだけど、やっぱ滑…

復讐したいんじゃないの。認められたいの。

残酷な描写のあるゲームは、残酷な犯罪を助長するのでやめるべきだという言説があります。 幼い女の子と恋愛をするゲームが、児童ポルノを助長しているという言説があります。 犯罪心理のことは詳しくないですが、わたしは今日は雨で頭が痛くて、寝込んでス…

何を名乗るか。

自己紹介が昔から苦手だった。自分を規定したり、切り取って分かりやすくすることが苦手だった。自分をどう切り取るかは、相手を何者だと思っているか?という問いの答えを反映しているのだと思う。相手を規定することも、そこから逆算して自分を切り取るこ…

今そう思うから、それでいい。

自分の周りの人には、居心地よさを感じていてほしいのです。自分の自己効力感を大切にして、生きていってほしいのです。 そんなもん声高に言わなくたって生きていける人ばかりではないから。私は、自分が何者なのかを自分で見つけたい。自分の在りたい姿に自…

父のお薬を買いに。

先々週と先週は、実家と九州を行ったり来たり。先々週は、週が明けてもしんどかったけど、先週から今週にかけては回復はやいぞ。 出発前に、帰省したらやることを決めてイメージしてたから、なだらかにフェードチェンジできたと思う。 今日は、月に一度のお…

コミュ力信仰。

4年くらい一緒に音楽をやっている友人と歩いていると、夜19時くらい。道すがらのアイリッシュパブのオープンテラスで、即興でアコーディオンとギターをかき鳴らしているオジサンたちがいた。お店が呼んだわけではなく、本当に「ちょっとやらしてね」とい…

探求者として

博多でのコンサートが終わり、実家に帰ってきました。当日は、テクニカルアドバイザー的なポジションを担わせていただきました。やることは、やったぜ。 音楽のことになると、「今持てる全てを使って、やるしかない」と気合が入ります。特に歌は、自分の身体…

最悪の想定をするのは、なんのためか。

演奏会が差し迫ってきた。明日は福岡で本番。 イベント中に地震が起きたら?演奏中に、お客様や出演者が体調不良で倒れたら?イベントの成功を祈るからこそ、開催中のトラブルを想定し対策を練る。 日本にゴジラがやってきたらどうする?あれの対策は?これ…

大切なものと、距離をとってみる。

大事だと思っていたものも、気がつくと自分を縛っていることがある。縛り上げられてもなお、自分にとって大事なものだってある。その気持ちは、よくわかる。 例えば、 先日テレビでやっていたが、妊産婦の10%はうつになるのだそうだ。昔よりも社会のつながり…

レゴを使ったコミュニケーションの話

‪昔、レゴを使ったコミュニケーションのワークショップに参加したことがあるのを思い出した。言いたいことをレゴで組み立てて、組み上がったものを指差しながら説明するというもの。面白かったので書いておこ。 レゴが発散的なコミュニケーションに優れてい…

できること、やりたいこと

晩御飯の材料を買って帰宅すると、父がYouTubeで大好きなマーカスミラーの動画を見ていた。父は6年前、57歳で脳梗塞になり、深いところだったので手術ができず右半身に後遺症が残った。 それ以前は、自営業をしながら日曜ミュージシャンをやっていた。プロの…

ぼんやり、うかうか。そして再帰性。

実家に帰ってきて3日目。積んだ本にも手を付けず、やるべきことも少し放置。まだ怒られまい(笑) と思って過ごしてたので、今日はそろそろやろうかなとおもう。なにもやらない時間が必要だったのだ。ぼんやりうかうか。すごく天気が良くて気持ちいい。午前…

よく泣く子

よく泣く子だったらしい。 昨日ドラえもんの映画のCMを見て、「ドラえもんって泣けるよねー」とつぶやいたら、おかんが。 「あんた昔からアニメ見ながら、よく泣く子やったよねー。悪者にならざるを得なかった悲しい悪者が、人目につかないところで死んで行…

ゴミ屋敷を取り上げるテレビについて思うこと

今やってるテレビ。本当に許せない気持ちになった。 ゴミだらけの家に住んでいる人の多くは、精神疾患者や、家族との死別など自分の人生に大きな喪失感をもっていると解説した上で、スタジオで正論を投げかけ、噛み合わない議論を放送する。という一連の番組…

旅を終えて

福岡への旅を終え、夜行バスに乗り込み、今朝帰宅。 疲れが取れず、お昼に目を覚ましました。 今までぐっすりだった夜行バスも、4〜5回目が覚めた。お酒も飲んだのになあ。 再会や、新しい出会いがあり、とても嬉しかった反面とても疲れたのかしら。 色々な…

南阿蘇の緑。

「こんなときくらい、気の利いた言葉が出てくればいいのに。」なんて思うことがある。"それ"を語る言葉を私は持っていない。きっとそれは、私が"それ"の新しい部分と出会いつづけているから。だから"それ"は終わってないのかもしれない。言葉の方から現れて…

人を諦めたくない。

人を諦めないことに固執したから、僕は鬱になったんだと思っていた。 でも本当にそうだろうか。僕は人を諦めなかったんじゃなくて、ただ相手に期待してたんじゃないだろうか。 他人を諦めない。でも期待もしない。同じように自分を諦めない。でも期待もしな…

境目をつかう人になる

肩こりがひどくて。昨日テレビで「痛みは脳に痛みを感じやすい回路が出来上がってしまっているので、脳をだませばよい」らしく、「脳に報酬を与えれば和らぐ。例えば、好きな人の写真を見るとかでよい」と言っていた。 それを見て、「そんなカンタンなことで…