根が深い。

自己愛を手なずけたい人へ。

やりたいこと

土日はフェリーに乗って島へ行った。海に行った。島にあるアートスタジオをたくさん巡って、美術館も2ついった。安藤忠雄、モネ、タレル、マリア。観光の外国人の方に道を聞かれ、彼女のいる手前がんばる他なかったのも思い出。 地元へ帰るとき無収入で滞納…

遠い過去

東京の生活をやめて、地元に帰るまでの1ヶ月間。帰って来てからの数ヶ月間は、自分が生きることだけを考えてだと思う。それで良かったと思う。今までの全てを失ってもなんとも思わなかったと思う。今からまた生き直そうと思ってた。そう思えたから、今ここま…

しんどかった

今日は仕事しんどかった。心身ともに。人間関係じゃなく、単純に仕事がしんどかった。仕事に悩んでる。 ラジカルなコミュニケーションが多い。ふう。

理由もなく不安

休みの日、何も予定のない日に、「実は大切なことをやり忘れてるんじゃないか」という不安にかられることがあります。 前職、休みの日に気が休まったことはありませんでした。出勤すると上司からもう仕事しなくていいよとドヤされ、みんな黙って自分のパソコ…

常に新しさを感知

偉い人の独断で、。10月の第1週に大阪の支社に研修に行くことになってしまった。わたしバイトなんですけど、社員のひとと同じ研修うけるってダルいわい。 大阪の偉い人が、私のいる支社に文句をつけたいらしく、わしの支社で修行して学べ!ということらしい…

聞いてほしいだけ

自分の中に飼い慣らせない感情を、どう発露するかで品格や優雅さがわかる気がする。 誰にだって理不尽は起こる。なぜ自分に起こるのか理屈で解決できないからこその理不尽。生きてるだけで損することがあるのです。それが人生と割り切れるほどわたしは人間と…

鬱あるあるそれは幼稚な論理化

後から考えればとてつもなく非論理的で、飛躍した「論理的っぽい何か」を抱きしめて、自分の包む強風(と自分が認識してるもの)をやり過ごそうとする構造。それが、鬱の形態の一つと思う。 鬱というのは、未来のない歩みだと思う。それは諦めの類型だとおもう…

どっちに余裕があるのかな

甲と乙がいて、甲が乙に怒られて萎縮してしまい、甲は乙に相談できないまま課題を抱え続けているとき。結局強いのは乙ではなく、甲ではないかと思う。どっちが相手を思いやり、その場に居で立とうと努力を重ねているだろう。それだけのことなので、淡々と描…

見ているもの、見られているもの

子どもの頃、こんなことを考えたことがある。 私が見ているこの世の中の景色やルールは全て、私が「そう見ている」だけで、他の人には違うように見えているのではないか。だとすれば、「見られているそれ」の本当の見え方は、誰にもわからないのではないか。…

二日連続の緊張感

地元に帰ってきて、師匠はすぐ声をかけてくれた。今に至るまで鬱のことは話してない。誘いを何度か断ったけど、またねと優しくしてくれた。 昨日今日は、師匠と現場。昨日の件は私から手を挙げた。今日の件は師匠から。本番です。 ちょっと前の自分は、約束…

暇ではないのだ

人を諦めたくないというのが基本方針で、良い方へ良い方へ、解釈する。信じやすいのかもしれない。 ひどいことを言われても、「ペットが死んだのかな」「ひどい言い方しないと聞いてもらえないと思ってるのかな」「周りからそういう言われ方しか、されたこと…

とんととーん

来週末、急遽本番が決まった。楽譜が送られて来た。別にありがたくはないけど、生活に少し変化球が飛んで来るの嫌いじゃない。失敗しても大怪我じゃないし。楽しんでいこう。 とんととーん。

Apple Watch

Apple Watchなんて作れなくてもいい。ジョブズになんてなれなくても、いい。今日を一生懸命生きられるなら。 ‪Apple Watchを身につけて、優先座席にカバン置いて席を譲らないサラリーマン。目の前にいる。 Apple Watchの背負った世界観の重さを知る。身につ…

危なかった

いつもブログの記事をバックナンバー一覧としてツイッターの鍵アカウントでツイートしてるんだけど、間違えて普段つかいのほうでツイートしてしまった。急いで消したけど。ふいー。 もしこのブログがオープンリーになりそうになったら、全て閲覧不可にして、…

歌います

自分が企画運営サイドを担当する本番は、この半年でいくつかありましたが、パフォーマンスサイドを担ったのは今年の5月が最後。 そろそろどこかで歌いたいなと思いつつ、地元にはフィット感のある団体がありません。県外に行くには予算が。自分で団体を立ち…

きつい仕事

職場の悩みのほとんどは人間関係だというのはよくある話。仕事自体が身体的に精神的につらいってのは、それに比べるとレアですが、これもまた真なりと思う 危険な環境で身体、生命を脅かされる恐怖 人生の大切な局面に携わることで感じる重責 仕事の専門性に…

人から可哀想と思われること

自己評価と他者評価の乖離は不幸の一つの形だと思う。もう一歩手前に、こう思われたい私と、そう思われてないであろう私の乖離という自己完結型の不幸があると思う。 土曜のひよっこは、よかったですね。 行方不明になった父の代わりに上京し、自立して生き…

一瞬のなかに永遠がある

座右の銘です。音楽をやってて、気づいたこと。 昨日から職場に、2年ぶりに復職された方が。ベテランのオッチャンらしいが、2年も経てばルールも仕組みも変わっており、「概要ok、末端作業NG」という感じ。席は私の隣。私もまだ1ヶ月そこそこながら基本的な…

ルーティンを生かす

朝、出勤するときにすんごい気持ち的にしんどいことが増えはじめて、朝はちょっとでもテンションあげて仕事モードにしなきゃ。っていう気負いがシンドさを加速させてるとわかった。 原因は気圧なのか、食生活なのか、パソコンぶっ壊れて不意に大きい出費があ…

チームチェンジ

職場でチームチェンジが行われた。ベテランの人が休暇から復帰するらしい。指導係の先輩は別のチームへ。私は残留して、上司のすぐ近くの席へ。 どうやら噂では、適当に仕事を振って、中途半端だとボロカスに叱責して、多くの人を潰してきたクラッシャーの異…

書かなくていい理由

書かない理由は、かなり焦っているからだった。今は、話を聞いてくれる人がいるから、書かなくていい理由がある。ありがたい。 でもコントロールできない範囲でモヤモヤはやってくる。明確に向けられた敵意や、明確に抱く不快感もあれば、一方的に膨らんでい…

じわわーんとなる曲

もう休んでいいよと言ってくれる曲があります。これを聴くとたちまち力が抜けて眠くなるので出勤前には我慢してます。自分を救ってくれた曲をいくつか。 島へ https://youtu.be/8jBKy7hruwE 独唱版やリコーダー版などもあります。これが一番好き。 日の当た…

くふーん出勤

くふーん。出勤したくない。そんな日もあります。今日はその日です。あと10分で着く。くふーん。 嫌だなーという感情は、そこに意味を持たせすぎているから発生するのではないかと思い。 大きな声で挨拶して、必要な書類を整理して、飯食ってウンコして時間…

自信がそがれるときは腸にフォーカス

昨日は職場の飲み会で飲みすぎたらしく、まったく記憶がない。こわい。今日は休みで起きたら15時だった。 自業自得ですが覚えてないっていうのは不安ですね。ここではないどこかへ行ってしまいたくなります。バカと言われたらそこまでですが、今日は何もやる…

英語の学習時間を振り返ってみた

7/28からだらだらと英語学習をスタート。なんと今日は8/6ですので10日たちました。 ・toeic公式テキスト 買ったテキストは、toeicの公式問題集のリスニング編とリーディング編。訳あってリーディング編だけを、ちびちびやってます。 全部で10章?くらいなっ…

学習と学習設計はちがう

学校に通っていたころは、日常的に解いている問題の延長にテストがあって、試験があった。学習目標→評価基準の設定→試験方法→学習作業の設計のパッケージ化がなされていた。 いま、英語の勉強をしていて、まず学習目標はペラペラになる。と自分で設定できて…

電車でヨロヨロしないほうほう

田舎の鈍行で通勤してるので、吊り革が少ない。田舎者たちは満員電車での作法を心得ておらず、人と人の間にうまく入れず、つり革も掴めず何駅か耐えねばならないことがあります。 電車でよろよろしない最強の方法は、左右の足を、ステップを踏むように交互に…

コミュニケーションのうりょく

爆笑問題の太田さんが相模原の事件を取り上げて、コミュニケーション能力は感受性に依存すると(意訳)いう話をされており、私も同じ意見です。 自分も鬱になり、健常と障害を規定するのは社会であり、本人の努力と社会制度改革・技術革新でそれらは解消できる…

どこがすき?から始める

歌の指導にいってまいりました。 始めに聞かせていただくと、表情が硬い。首をかしげたりしながら歌っています。外へ伝えたいという気持ちより、自分が間違えず歌えているかどうか。という気持ちが先行している印象を受けました。 楽譜を伏せてもらい、この…

必然性

指導の話が舞い込んで、そうそうに食事を済ませて楽譜を読んでる。久しぶりに人に指導する。1人に対してではなく、多数に対して。 自分を試し、相手を試し、相手に試され、必然性が見出せるまでやっていく。こうありたい!という必然性が見出せない時間を過…