根が深い。

自己愛を手なずけたい人へ。

アウトプットの限界

インプットとアウトプットの最適なバランスがあって、インプットが多いほうがいい時期もあればアウトプットしたほうが良い時期もある。

 

何に向かっているのかによって、質も量もコントロールしていくのが大切だと思う。

 

で、仕事がバンバンと振られて来て、インプットもアウトプットも多いんですが、ふと気づいたのはアウトプットの量にも限界があるってこと。

 

インプットは記憶のキャパや再構築が必要なので限界があるのはわかるけど、アウトプットも限界がある。

 

単に肉体労働で体力が減った!とかだけでなく、緊張感をすり減らすとか、そゆことも含めて、人間がアウトプットできる情報には限界がある。だから夏休みの宿題は、日々均等に進めるのが最も負担が少ないのだらう。

 

心身のゴムがクタクタに伸び切ってしまわないように、休ませないと。明日は仕事やすみ。

どんなひとになりたいか

昨日、職場で、こんなに怒られることって人生にあるんだなーってくらい大声で怒鳴り散らされて、どう考えても相手が頭おかしいなーと思ってたんだけど、ひと段落しても30分くらいずっとボヤいてるから本当にブチキレそうになった。久しぶりに。あかんですね。

 

指導役の先輩が、大丈夫?って声かけてくれました。ふう。救われた。いやまあ、正常に怒れた自分が少し誇らしかったって気持ちもあるけど。いやまあキレてましたね。ふはは。

 

そんで今日、どんな顔するのかなと思って、私はアトグサレないタイプなのでいつも通りにやってるんですけど、相手がなんかよそよそしいっていうかね。こいつアホちゃうかと思ったんですけどね、こちらから謝ったろかと思いましたけど、それは一周まわって期待しすぎですね。

 

今の職場は、まともな人が多いです。はちゃめちゃで、天才肌の変人や、元ヤクザのやばい人など、おかしな人が多いけど、まともです。

 

まともは、すぐそばに。

うまくいってる

昨晩は初めての職場の飲み会で、まあまあ緊張してたけどリーゼントにも感じていたことを言葉を選びながら伝えられて、頭ごなしに叱られた挙句に私も逆ギレしてギターを叩き壊してアンプを蹴り倒して場を凍りつかせるなど、要するに最悪のシナリオを想定してたけど、意外にも対話も成立した。何かいい感触のある時間だった。結局仲良くなっちゃって2時まで飲んだ。頭痛い。

ほぼ寝ず、今日は京都に来ています。久しぶりの遠出。ふふふ。

新しいチームで働き始めて1週間、指導役の方が内気なのに面白くて、今まで出会ったことないひとで、ありがたい。頭痛い。

なぜうまくいっているか

うまくいってるときは、なぜうまくいっているかを考えたいと思いにくい。

1人の人間の中で、触覚を操る。

コックは指先の熱を感じる感覚が鈍り、舌の感度が上がっていく。

空手家は拳の感度が鈍くなり、足の裏の感度が上がっていく。

 

こっちのコミュニティでは当たり前だったけど、こっちでは違うというハザマで悩む時、違う人間になれとまでは要求されていないんだと気付いた。使う部位と感度を操ろうとってことなんだ。

 

一つの仕事のなかでも、感度を変えていかないといけないときがある。最初は大雑把に整理して、一度中くらいの規模で決断して、最後に向けて細かくなる。

使うべき部位と、その部位の感度を変えながら、進んでいく。

 

その感度の上げ下げがどうも上手くいかない人のことを天才と呼ぶんだな。上手くいかないってのは、頑なに拒むのではなく、本当にわからない状態のことだよ。

今日1日に集中

友人Hが海外へ行った。少なくとも2年間の留学。初の一人暮らしが海外。人見知りだけど大丈夫かな。

 

昨日、Hともう1人よく飲みに行ってた友人Yの3人でラインしてた。

 

考えたら不安になるから旅行気分で行ってくるよ、と。楽観視は才能だよね。

 

Yが言った「辛いことがあったら、その日1日に集中だよ!」

 

Yは若い頃に単身留学して、現地で心を病み、治療しながら約6年を向こうで過ごした。

 

2人とも私の良き理解者。少し寂しいけれど、再会を誓った。俺もカッとしたり、グッとしたりするけど、目の前の今に集中するよ。そして1日の終わりにビールを飲むんだ。

異動

アルバイトなので厳密には異動ではないのだけど、仕事のポジションが大幅にチェンジ。さらに専門的な領域に突入。給料は増えないけど、転職で同じ仕事の正社員に就職できる見込みは上がった気がする。

 

関わる人間が増え、間違えたらやばい仕事が増え、コミュニケーションにおいて踏み込むべき場面も増え、学ぶべきことも多い。

 

具体的には言えないけど、かつての自分を相手にするような仕事なので、今までよりも仕事の上で踏み込んでいけるのは単純に嬉しい。

 

仕事に裁量とこだわりを持てるっていうのは、お金がもらえるよりも嬉しいことです。ほんと。